JavaFX:最大化以前のウインドウの状態を取得する



最大化以前のウインドウの状態を取得する

ウインドウの最大化以前の最終の位置とサイズを取得しておき、後にそれを再現したいのだが、最大化イベントの前後に送られる位置とサイズは既に最大化されたものになっている。
このため、最大化イベントの前後5ミリ秒程度の位置サイズイベントを無視することにより、最大化以前の最終の位置とサイズを取得する。


import java.util.*; import javafx.beans.value.*; import javafx.geometry.*; import javafx.stage.*; /** * ウインドウ最大化以前のウインドウ領域を求める。 * maximizedPropertyのイベントの前後に位置とサイズ変更のイベントが発生するので、それ以前の最後の領域を保持する。 * 例えば、ウインドウ最大化ボタンを押すと、以下のような順序でイベントが発行されてしまう。 * <ul> * <li>ウインドウのx位置変更が例えば-5で発生 * <li>ウインドウ最大化イベントが発生 * <li>ウインドウの幅変更がスクリーンサイズとして発生 * </ul> * <p> * このため、最大化前の正しい領域を取得するには、各イベントによる領域を時間順に保持しておき、最大化イベントの前後のものを除去し、 * さらに、保持されたリストの中の最後のものを選択しなければならない。 * </p> * <pre> * FxStageBoundsHolder holder = new FxStageBoundsHolder(stage); * Rectangle2D bounds = older.getLastBounds(); * </pre> * @author admin */ public class FxStageBoundsHolder { private Stage stage; private Long lastMaximizedTime; /** 最大化の影響が及ぼす前後時間範囲 */ private static final int TIME_MARGIN = 5; public FxStageBoundsHolder(Stage stage) { this.stage = stage; // 最大化していなければ現在の領域を取得 if (!stage.isMaximized()) { boundsWithTimeHistory.add(getCurrentBoundsWithTime()); } // 最大化状態を監視 stage.maximizedProperty().addListener(new ChangeListener<Boolean>() { @Override public void changed(ObservableValue<? extends Boolean> ov, Boolean t, Boolean t1) { if (stage.isMaximized()) { // 最大化状態になったら、その時刻を記録 lastMaximizedTime = System.currentTimeMillis(); } releaseNeedless(); } }); // 領域変更を監視 ChangeListener<Number> boundsListener = new ChangeListener<Number>() { @Override public void changed(ObservableValue<? extends Number> observable, Number oldValue, Number newValue) { boundsWithTimeHistory.add(getCurrentBoundsWithTime()); releaseNeedless(); } }; stage.xProperty().addListener(boundsListener); stage.yProperty().addListener(boundsListener); stage.widthProperty().addListener(boundsListener); stage.heightProperty().addListener(boundsListener); } /** 最大化前の最後の領域を取得する */ public Rectangle2D getLastBounds() { releaseNeedless(); if (boundsWithTimeHistory.size() == 0) return null; return boundsWithTimeHistory.get(0).bounds; } /** 現在の領域を取得する */ private BoundsWithTime getCurrentBoundsWithTime() { return new BoundsWithTime(new Rectangle2D(stage.getX(), stage.getY(), stage.getWidth(), stage.getHeight())); } /** イベントによる変更領域とその時刻 */ private List<BoundsWithTime> boundsWithTimeHistory = new ArrayList<BoundsWithTime>(); /** 時刻とともに領域を記録 */ private static class BoundsWithTime { final Rectangle2D bounds; final long time; BoundsWithTime(Rectangle2D bounds) { this.bounds = bounds; this.time = System.currentTimeMillis(); } @Override public String toString() { return time + ":" + bounds; } } /** 最大化時刻前後のスロットを削除する */ private void releaseNeedless() { // 最大化時刻前後の記録を削除 releaseAroundMaximizedTime(); // 最後の有効なスロットを残す leaveLastValidElement(); /* if (boundsWithTimeHistory.size() > 0) { System.out.println("" + boundsWithTimeHistory.get(0)); } else { System.out.println("no bounds"); } */ } /** 最後の最大化時刻があるとき、そのTIME_MARGIN前後の記録を削除する。これらは最大化によるイベントであるため */ private void releaseAroundMaximizedTime() { if (lastMaximizedTime == null) return; for (int i = boundsWithTimeHistory.size() - 1; i >= 0; i--) { BoundsWithTime timeBounds = boundsWithTimeHistory.get(i); //ystem.out.println(i + ":" + timeBounds); long time = timeBounds.time; if (time < lastMaximizedTime - TIME_MARGIN) continue; if (lastMaximizedTime + TIME_MARGIN < time) continue; boundsWithTimeHistory.remove(i); } //ystem.out.println("after remove " + boundsWithTimeHistory.size()); } /** * 現在時刻からTIME_MARGIN経過していないものはすべて残し、経過しているもののうちの最後のもの一つを残す。 * これはリストの最初の要素になる。 */ private void leaveLastValidElement() { long currentTime = System.currentTimeMillis(); int validIndex = -1; for (int i = boundsWithTimeHistory.size() - 1; i >= 0; i--) { BoundsWithTime slot = boundsWithTimeHistory.get(i); if (slot.time < currentTime - TIME_MARGIN) { validIndex = i; break; } } if (validIndex <= 0) return; for (int remove = validIndex; remove > 0; remove--) boundsWithTimeHistory.remove(0); } }