CentOS8設定メモ



ゴール

  • CentOS8をホストとするが、仮想マシン上のゲストとしてCentOS6を使用する。
  • ホストOSが起動したときにゲストも起動すること。
  • ゲストOSは何らかのRAID上にそのデータがあること(今回はソフトウェアRAID)。
  • このマシンは遠方のオフィス内に置くので、リモートで簡単にアクセスできなければいけない。
  • ただし、LAN内ではポート全開放でよい。

対象マシンとBIOSの設定

  • 中古のPowerEdge T110 II

  • BIOSをUEFIモードにする。

  • PERC S100BIOSは使えないため(Windowsでしか使えない)、Embedded SATA settingsをRAIDからAHCIに変更。

GUIインストーラでインストールする

ディスクが4台あるが、とりあえず最初の一台目に自動パーティションでインストール。

デスクトップ環境を選択肢、追加として仮想化関連の必要そうなものを指定する。

SELINUX、firewalldを止め、cockpitを有効化。

/etc/selinux/configでdisabledにする。

systemctl disable firewalld
systemctl enable cockpit.socket

再起動。

これ以降は、別マシンからhttps://マシンIPアドレス:9090のcockpit経由で操作する。

vnc serverのインストール

tigervnc-serverをインストール

設定は以下を参考にさせていただいた。

これ以降はWindows上のVNCビューアからアクセス。

AnyDeskをインストール

VNCサーバ上で5.5.4-1.el8というCentOS8(64bit)というバージョンをインストールするも、Windows側から接続できない。

Windows側は「接続しています」の表示。Linux側には何の表示もされない。とりあえず断念する。

gnome3を何とかする~gnome-tweaks

デフォルトのGUIは使いにくくて仕方が無い。classic-modeというものがあるというのだが、設定方法が不明で断念。

しかし、gnome-tweaksというものがあった。

yum install gnome-tweaks

で、単純にgnome-tweaksコマンドを起動すれば、そこでいろいろと画面の状態を変更できる。

行ったことは、最小化・最大化ボタンの追加、余計なアニメーションのストップ。

gnome-extentions

gnome-tweaksでできないことは、gnome-extensionsで可能らしいのだが、とりあえず保留。

ソフトRAIDの構築

以下を参考

Sambaを入れる

Samba4が入っており、これはsecurity=shareは使えないようだ。こちらとしては、LAN内のごくわずかな人間しか使わないので認証などいらないのだが。。。

以下を参考にさせていただき、これを改変した。

[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
workgroup = WORKGROUP
server string = Samba Server
log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 50
security = user
passdb backend = tdbsam
load printers = no
map to guest = Bad User
guest ok = yes
guest only = yes
guest account = nobody
create mode = 0777
directory mode = 0777

[public]
comment = public
path = /home/public
browseable = no
writable = yes
read only = no

未分類

Posted by ysugimura