実践的GWTサンプル、その1



実践的なGWTサンプル第一弾を作成してみた。

https://github.com/ysugimura/gwtSample1に置いてある。

概要

このバージョンでは、EclipseのGWTプラグインが作成するサンプルと機能的には全く同じだが、以下の点を改良している。

  • マルチモジュール対応:元のサンプルにある単一のGWTモジュールではなく、いくつでもモジュールが作成可能であることを示す。
  • これら複数のモジュールについて、別々のgradleプロジェクトとすることなくビルドが可能であることを示す。
  • Eclipseの開発環境構築が「gradle eclipse」呼び出しのみで可能なことを示す。ソースセットや依存ライブラリ等がEclipseのビルドパスに設定される。
  • 当然だが、デプロイされる最終的なwarファイルをビルドできることを示す。

前提条件

当然だが、以下のものが必要になる。

  • Eclipse
  • Eclipse GWT Plugin
  • Gradle (Eclipse用のプラグインとしてはEGradleをおすすめする)

Eclipseへのインポートの方法

ソースを取得したら、「gradle eclipse」を実行して欲しい。これにより、Eclipseプロジェクトとして必要な.project, .classpathが作成される。その後にEclipseにインポートすればよい。

Super Dev Modeでの実行

Eclipse上の開発環境で実行するには、単純に、「GWT Development Mode with Jetty」を実行する。

二つのモジュール用のそれぞれのホストページFoo.htmlかBar.htmlかの選択があるので、どちらかを選択して欲しい。

※なお、なぜかFirefoxではうまく動作しない、原因不明である。Chromeでは動作するようだ。

warファイルの作成

単純にwarタスクを実行すれば、warファイルが作成される。

※こちらは当然ながらFirefoxでも正しく動作する。