CentOS8でgnome-classicを使う方法



CentOS8のデフォルトのGUIは非常にキレイになっているのだが、激しく使いづらい。まるでスマフォの操作性になってしまっているのである。

なぜこんなUIにしてしまうのか、理解に苦しむのだが、これを以前の使用感に戻す方法がある。

gnome-classicを使う方法

おおよそ以下のようにすればよいらしい。

yum install gnome-classic-session
yum install gnome-session-xsession

そして、/usr/share/xsessionsにgnome-classic.desktopというファイルがあることを確認する。

次に、/var/lib/AccountsService/users/usernameというファイルの中に記述を追加する。

[root@localhost users]# cat ysugimura
[com.redhat.AccountsServiceUser.System]
id='centos'
version-id='8'

[User]
Language=ja_JP.UTF-8
PasswordHint=
Icon=/home/username/.face
SystemAccount=false
XSession=gnome-classic <--- これを追加

参考

VNCではうまくいかない

しかし、なぜかこれはVNCには適用されないようだ。コンソールでしか適用されていない。

未分類

Posted by ysugimura