Docker-ComposeでWordPressをインストール

2023年1月13日



docker-composeでwordpressをインストールする。

前提条件としては以下。

  • mariadbが他のコンテナとして動作しているので、この中にあらかじめ「create database somedb default character set utf8」などとして、データベースを作成しておく
  • traefikに、SSL証明書取得とそのハンドリングを行わせる。全コンテナの共通ネットワークとしてcommon-networkを定義してある。
version: '3'

services:
  wordpress:
    image: wordpress:6.0.2
    container_name: somecontainer
    volumes:
      - ./html:/var/www/html
    restart: always
    environment:
      - WORDPRESS_DB_HOST=mariadb:3306
      - WORDPRESS_DB_USER=****
      - WORDPRESS_DB_PASSWORD=****
      - WORDPRESS_DB_NAME=somedb
    labels:
      - "traefik.enable=true"
      - "traefik.http.routers.some.rule=Host(`something.example.com`)"
      - "traefik.http.routers.some.entrypoints=websecure"
      - "traefik.http.routers.some.tls.certresolver=myresolver"
      - "traefik.http.routers.some-http.entrypoints=web"
      - "traefik.http.routers.some-http.rule=Host(`something.example.com`)"
      - "traefik.http.routers.some-http.middlewares=some-https"
      - "traefik.http.middlewares.some-https.redirectscheme.scheme=https"
networks:
  default:
    external:
      name: common-network

アップロード制限の回避

特にdockerでインストールしたwordpressに限らず、一般的な話である。回避方法は様々あるようだが、Docker環境で最も簡単なのは以下かもしれない。

つまり、トップの.htaccessに設定を書き込むことである。ただし、ここには、wordpress自体や、様々なプラグインが書き込みを行うため、それを避けて、通常は一番下に追加するのが良いと思われる。

以下は設定例

php_value upload_max_filesize 256M
php_value post_max_size 256M
php_value max_execution_time 300
php_value max_input_time 300

未分類

Posted by ysugimura