Thinkpad X1 carbon (5th 2017)にLinuxをインストール



モノはLinux Mint Mateなのだが、USBメモリからのブートに意外に手こずったのでメモしておく。

回復ドライブの作成

中古なので保証の有無がわからないが、とにかく返品の場合を考えてWindowsの「回復ドライブ」なるものをUSBメモリに作成しておく。

BIOS画面に入る

まず、BIOS画面に入るには、適当にマニュアルを見て、起動時にF1キーを押せば良いのかと思いきや、何度やってもだめ。こうやるようだ。

  • コントロールパネルの「更新とセキュリティ」に行く
  • 「回復」をクリックする
  • 「今すぐ再起動」をクリックする。言葉に反して「今すぐ再起動」などしない。
  • 「オプションの選択」で「トラブルシューティング」をクリックする
  • 「詳細オプション」をクリックする
  • 「UEFIファームウェアの設定」をクリックする
  • 「再起動」をクリックする

Entering Setup文字が出て、BIOSに画面になる。

BIOS画面での設定

  • 矢印キーで「Startup」を選択
  • Bootが選択されているのでENTER
  • Boot Priority Orderで「USB HDD ADATA USB Flash Drive」をトップにする。矢印キーで選択して+で上に上げるのだが、英語キーボードが前提のようでうまくいかない。これは外付けフルキーボードのテンキーにある+を使った。
  • ESCで前の画面に戻る。

  • 左右矢印キーでSecurityセクションに行く

  • 上下矢印キーでSecure Bootを選択してENTER
  • Secure BootがEnabledになってるので、ENTERキーを押し、Disabledに

  • F10を押し、ENTERで再起動

すると、USBから起動してくれる。

Linux Mint Mateの起動とインストール

普通にUSBメモリからLinux Mint Mateを起動すると、デスクトップ左上に「Install Linux Mint」のアイコンがあるので、そこからインストール。

–>と思ったのだが、気が変わってCinammonにした。

未分類

Posted by ysugimura