Android Studioのエミュレータ(仮想端末)のみを起動する方法

2018年10月13日



Android Studioについての投稿は/tag/androidStudioにあるので参照されたい

PC上でAndroidエミュレータを使うには、Android Studioをインストールするのがてっとり早いのだが、しかし、統合環境はとりあえず必要ない。Androidアプリを作りたいわけではないので。

しかし、わざわざ統合環境を起動しないと使えないのだろうか?と思ったら、好きなエミュレータのみを起動する方法があった。

なお、以下ではAndroid Studio 3.2.1を使用している。

AVD(Android仮想端末)の作成

当然ながら、エミュレータつまり仮想端末を起動する以前に、Android StudioでAVDを作成しておく必要がある。

既に作成している方は次の項目に行ってよいが、しかし仮想端末の名称にスペースが含まれないように名称変更していおいた方が良いかもしれない。

ここでは、AVDの作成方法を示す。

ToolsメニューからAVD Managerを起動する。

新たに作成する場合は、下の「Create Virtual Device」から、名称を変更する場合は右側の鉛筆マークだ。

仮想端末のみの起動

コマンドラインからAVDを起動する方法はStart the emulator from the command lineに記述がある。

Android Studioのインストールフォルダの下のsdk/emulator/emulator.exeという実行ファイルがあるが、これを以下のように使う。先のNexus5Xに使ってみた。

emulator -avd Nexus5X

すると仮想端末のみが起動する。