サトー社製プリンタメモ



サトー社製プリンタの制御
LANインターフェース機について

レスプリVシリーズ以前のLANインターフェース機では、デフォルトが「周期応答モード」となっているが、このモードはいわゆる「ポーリング」を行うモードであり、非常にレスポンスが悪い。快適なレスポンスとするためには「ENQ応答モード」に変更する必要がある(ちなみにレスプリVシリーズでは、ENQ応答モードがデフォルトになっているとのこと)。

「ステータス3モード」はプリンタドライバを使わない(プリンタドライバ経由でSBPLコマンドを送る場合も含む)ときにのみ指定できるものとのこと。

「プリンタ設定ツール」での設定と「プリンタドライバ」での設定は「合わせなくてはならない」ため(そうでないと動作しない)、以下を行う。

プリンタ設定ツールにて :  デバイスメニュー、LANの設定から「ENQ応答モード」に設定
プリンタドライバにて :  ポートの構成から「ENQ応答モード」をチェック

SBPLコマンドについて

マニュアルには、「<CT>は<Q>の前に」とあるが(実際にこれでも動作するが)、「直前」でなくてはならないとのこと。
サトー社側のバグ

古いドライバでSBPLコマンドを使うと、プリンタフォルダにて「出力するときにエラーがみつかりました」というエラーが発生する。最新ドライバにすること。
SBPL印刷でラベルが無限に印刷されてしまうバグがある。これはレスプリ-2にて発生する。ファームウェアのバグ。対策バージョンは「15.00.01.01」とのこと。

ファームバージョンの確認

電源をOFFし、にヘッドをオープン状態にする。
ONLINE, FEEDボタンを両方とも押しながら電源ONする。
しばらく両方のボタンは押したまま。
ブザー音が鳴ったら、ボタンを二つとも離す。
ヘッドを閉めてから、[FEED]ボタンを押す。
印字を開始する。何も印字されない場合はさらにFEEDボタンを押す。
連続して何度も同じものが印字されるので、電源をOFFする。


未分類

Posted by ysugimura