未分類

Windows用のTailscaleクライアントには、タスクバーアイコンで簡単に操作ができるGUIが付属しているのだが、Linuxにはそのようなものが無い。特に、exit-nodeを切り替えたい場合にとても不便だと思う。それ以外の設定 ...

未分類

Tailscaleのネットワーク上に、RustDeskサーバ、接続するクライアントA、接続されるクライアントBがある場合、少々工夫すると高速な接続とリレーサーバを介さないデータ転送をすることができる。

前提条件

前提条件とし ...

未分類

あるマシンにおいてHeadscaleサーバを動作させており、このURLはになっている。しかし、このマシン自体でTailscaleクライアントを動作させないと、このマシンがTailnetに入らない。つまり、TailnetのIPアドレスで ...

未分類

No Image

最近はPD対応のノートパソコンを買うことが多くなった。以前のノートパソコンは、専用のACアダプタがあり、ジャックの形状や電圧・電流値が決まっていたのだが、PD対応のものだと、ごく一般的な充電器やバッテリーを使うことができる。ただし、例 ...

未分類

No Image

リモートデスクトップ、つまり、ネットを介して他のパソコンをリモートコントロールする仕組みには多々ある。代表的なものは、TeamViewerだが、これはとんでもなく高価だ。さきほど見てみると、以前より大幅に低価格になっているが、それでも ...

未分類

RustDeskのサーバを立ち上げるの続きである。

INSTALL RUSTDESK SELF-HOSTED SERVER ON RASPBERRY PI HARDWARE ARMV8.という記事があるので、この内容を検証 ...

未分類

Rustdeskを試し始めた頃は、割合とすんなり相手方に接続できたのだが、最近はかなり待たされることが多くなった。接続できない時は何度やってもだめ。しかし、接続できる時は何度でもすんなり接続できる。これではあまりに不安定だ。

直 ...

未分類

MagicDNSとは

MagicDNSという機能はもともとTailscaleにある機能なのだが、Tailnetに登録されたマシンをIPアドレスではなく、名前で参照することのdきる機能だ。例えば、あるマシンを登録し、それにultraman ...

未分類

No Image

Tailscale(実際にはHeadscale)の内の仲間にだけ、特定サービスの特定ポートを公開する方法をまとめておく。

tailscale0をtrustedにしておく

サーバにTailscaleクライアントをインストールす ...

未分類

Docker-compose用の環境設定ファイルとして.envファイルというものがあるのだが、このファイルは利用価値があるのだろうか。はなはだ疑問なことに気がついた。

※何か誤解しているかもしれないので、気づいた方は連絡し ...