VPSサーバを借りた時の基本設定、Redhat系

2022年10月13日



VPSサーバを借りた時の基本設定を書く。

SSHで接続する

たいていは、パスワードや認証キー等を使いSSH経由で接続する。初期の操作方法としては、おそらくこれ以外にはない。

アップデートする

dnf update
dnf upgrade

cockpitを入れる

これがあると、かなり楽。

dnf install cockpit
systemctl enable cockpit.socket
systemctl start cockpit.socket

「firewall-cmd –list-all」でcockpit用のポート(9090)が空いていることを確かめること。

cockpitにアクセスする

ブラウザで「https://123.123.123.123:9090」にアクセスする。オレオレ証明書を使っているのでブラウザが警告してくるが無視して接続する。

基本的に、これ以降SSH端末は不要になるのだが、cockpitではファイル転送ができないので、その目的にはWinSCP等を使う必要はある。

dockerをインストールする

dockerのインストール

dnf config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
dnf -y install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
systemctl enable docker
systemctl start docker

docker-composeのインストール

wget https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.5/docker-compose-Linux-x86_64
mv docker-compose-Linux-x86_64 /usr/local/bin/docker-compose
chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

未分類

Posted by ysugimura