Windowsフォルダのプロパティから「共有」タブが無くなった

2019年6月7日



突然この状況であることに気がついた。いつどんなことを行ってこういった状況になったのかは全く覚えていない。

おそらくは、Windowsトラブル:ダブルクリックでフォルダが開けないと同時に起こったものと思われる。

復元ポイントの作成

以下の手順を行う前に復元ポイントを作成しておいた方がよい、作り方は検索して欲しい。

方法1

検索してみると、“Sharing” Tab Missing in Folder Properties and Context Menuという書き込みがあったので、これを元にして見ていく。

※が、この方法では結局修正できなかった。

必要なサービスが停止している?

ほとんどの場合は、「Server」と「Security Accounts Manager」が停止している。

サービスをチェックしてみたが、これには当てはまらないようだ。

レジストリエディタで修正せよ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa

を見てみる。forceguestというDWORDが0であることを確認。

これにも当てはまらない。もし変更した場合はOSを再起動する。

もう一つレジストリエディタでの修正

以下を見てみる。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked

しかし、最後のBlockedというキーが無いのだが、ある場合は「{f81e9010-6ea4-11ce-a7ff-00aa003ca9f6}」というDWORDを削除しろという。

とりあえず、Blockedキーを作成してみる。

OSを再起動するも、何の変化もない。

方法2

Sharing tab is missing in Folder Properties という書き込みを見つけた。

前項と重複するところもあるのだが、異なるところは以下だ。

Sharingキーの確認

これもまたregeditで確認しろという。

HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shellex\PropertySheetHandlers\Sharing

Sharingというキーが無い場合(無かった)、作成しろという。

デフォルトのREG_SZキーが作られるので、これをダブルクリックする。

{f81e9010-6ea4-11ce-a7ff-00aa003ca9f6}

を入力する。

再起動してみる。すると。。。「共有」タブが復活しているではないか!

元の書き込みの、これ以降は前項とほぼ同じだが、ただし、Windows10の場合には、エクスプローラのオプションで、共有ウィザードにチェックされているか確認しろということだ。

ちなみに

共有プロパティが復活する以前は、既に設定していた共有フォルダに他PCからアクセスしようとしても不可能だった。つまり、共有プロパティの表示と他PCからのアクセスが何らかの同じ権限になっているようだ。