UltraViewerの使い方

2018年5月28日

※2018・5・28:リモートデスクトップにまとめがあるのでそちらをご覧いただきたい。

長年TeamViewerを使っているのだが、ここ最近非常にライセンスにうるさくなってきた。もちろんライセンス保持はしていない。ごくたまに使うだけなので。おそらく一ヶ月に一度程度だろうか、日常的ではない。しかし、何度も何度も「ビジネス使用の疑い」とか「5分で切れます」などと言い出すのでいい加減に嫌になってきた。

TeamViewerライセンスの概要を見てみると、最低でも月5,000円という価格である。もちろん、毎日誰かのPCのサポートをするなら、この価格は安いのだろうけれども、一月に一度使うだけで5,000円を払うつもりはない。

TeamViewerには、これまでさんざんお世話になっており、感謝しているのだが、しかし、これを払うつもりはない。せめて「接続時間による従量制料金」にしてくれれば良いと思うのだが。。。

そこで、TeamViewerの代替ソフトは無いものかと探してみたが、UltraViewerというものを探し当てた。あらかじめ言っておくが、これはWindows専用のソフトである。他のOSには使用できない。操作する方も、される方もWindowsのみとなっている。また、「現在は」完全無料だそうである。将来有料化されるのかもしれないが、とりあえず使ってみることにする。

なお、当然ながら日本語化はされていない。英語版を使用することになる。

全体的なインプレッション

ほぼTeamViewerと変わりの無い操作感と言える。まだ数時間使用しただけだが、使い方を細かく説明するまでもない。例えばメイン画面は以下のようなものだ。まんまTeamViewerだ。完全なパクリである。

左側は、「操作される側」になる際に相手に伝えるべき内容で、Your IDとPasswordを伝える。TeamViewerと同様、Your IDは一度決まったら変更はされない模様。Passwordの方は毎回変わる。

Custom Passwordは、恒久的なパスワードであり、自分のPCをリモートコントロールする場合にあらかじめ決めておくパスワードである。

右側は、「操作する側」の場合に、相手のIDとパスワードを入力し、「Connect To Partner」をクリックすればよい。

操作画面もTeamViewerよろしく、上部に制御メニューが出てくる。こちらもまるパクリと言える。

ダウンロードとインストールと設定

http://ultraviewer.net/en/にてダウンロードし、インストールすればよい。

設定というほどのものは全く無い。これもTeamViewerと同じ。ただ一つ、自分のPCを誰かに電源ボタンだけ押してもらい、リモートコントロールしたい場合には、Windowsの起動と同時にUltraViewerも起動させ、恒久的なパスワードを設定したい。これもTeamViewerにある機能だ。

これを行うには、メニューのSettings>Optionを選択し、

AccessタブでPasswordを設定し、Auto Startupにチェックを入れる。

非常に簡単だし、そもそも何度も言うようにまんまTeamViewerである。これ以上説明することがない。

大丈夫なのか?ずっと無料なのか?

セキュリティ的に信用できるのか?はたまたずっと無料なのか?それはわからない。

まず、どんな会社かと、http://ultraviewer.net/en/contact.htmlを見てみると、これはなんとベトナムの会社である。住所をGoogle Mapで調べてみると、ハノイ市内のホテルが立ち並ぶようなところらしく、一応はちゃんとした会社のようである。

価格はどうなのかと、http://ultraviewer.net/en/pricing.htmlを見ると、「UltraViewerは完全に無料」とあり、「Buy Now」をクリックしても価格は出てこない。本当に無料のようだ。

http://ultraviewer.net/en/blog.htmlにブログがあるのだが、それほど頻繁ではないが、お悩み相談的なブログ内容で、ユーザサービス精神にも溢れているようだ。

しかしこれでどうやって利益を出すのだろうか?最初に書いたように、きちんと動いて従量制課金なら、支払っても良いかと思うのだが。。。。

他の代替選択肢はあるのか?

TeamViewer Alternativesで検索すると、同じことを考える連中は山程いるようで、結構リストされているのだが、おそらくUltraViewer以上に簡単で「安い」ものは存在しないだろう。前項に書いたような「疑念」を克服できる方であれば、超オススメではある。